老後の資産運用には個人型確定拠出年金が向いている?

一度拠出すると老後まで引き出せない

公的年金に国民年金と厚生年金があります。どちらも毎月保険料を払います。将来的には年金がもらえますが、払ったお金に関しては戻してもらえません。一方定期預金などを利用して老後の資産を貯めたり運用するとき、自由に貯められます。好きな時に好きな金額を貯められます。ただ、いつでも自由に引き出せるので、何か使う用事ができてしまうとせっかくためた資産が減ってしまいます。貯めているつもりで全然たまっていない状態になるときもあります。個人型確定拠出年金は、一応定期預金などと同じように金融機関にお金を拠出します。しかし一旦拠出すると年金がもらえる年齢になるまで引き出せません。ですから、自然に老後資金を準備できます。

税制の優遇度合いが半端ではない

老後資金を公的年金で用意する方法として、自分で預金を利用する方法、民間の個人年金を使う方法、そして個人型確定拠出年金を使う方法があります。自分で預金をしても税制上のメリットは全くありません。利益があればそれに課税されます。民間の個人年金は、拠出額の一定額が所得控除できるので、それなりの税制上の優遇が得られます。ただし受ける時には一般の利益として課税されます。個人型確定拠出年金は、まず拠出時に全額が税額控除になります。さらに運用によって得られた利益に対して課税されません。将来的に年金を受ける時は公的年金と同じ所得の計算方法になります。拠出時、運用時、受取時に税制の優遇があるので、かなりお得に老後資産を用意できます。