個人型確定拠出年金って何?

個人型確定拠出年金っていったい何?

自分の年金は自分で作る、これが個人型確定拠出年金、通称イデコの特徴です。正確には、毎月一定額の掛け金を積立て、あらかじめ用意されている定期預金や保険、投資信託といった金融商品を運用する事を指します。使えるのは60歳以降になってからで、それまでは引き出すことができません。しかし、運用する金融商品を選ぶことができるため、どれが自分にとって魅力的な運用方法なのか把握しましょう。個人型確定拠出年金の大きなメリットとして挙げられるのは、積立てた分が全て節税対象になる事です。また、運用で得られた利息や運用金も非課税の対象とされています。更に、積立てが終わって受け取る時にも優遇措置がある為、税金面でこれほどお得な資産運用はないとして、多くの人が注目する制度です。知らずに運用しないのはもったいないといわれており、将来に備えるため早いうちからしたほうがいいと勧める人もいます。

個人型確定拠出年金で取り扱う金融商品の種類って?

個人型確定拠出年金は契約する金融機関や取り扱っている金融商品によって大きく異なる為、事前にサービス内容を確認してから選びましょう。なお、取り扱っている金融商品としては「元本確保型」と「元本変動型」があります。「元本確保型」は、積み立てたお金が減る事はありません。活用する金融商品も保険や定期預金のようなローリスク、ローリターンの物が多いです。リスクの少ない運用方法となっている為、慎重なタイプにお勧めできます。「元本変動型」は投資信託のように元本割れがあるかもしれないけれど、リターンも大きいタイプです。元本割れしないような金融商品を選べるかどうかが、大きなポイントといえるでしょう。金融商品や運用するときの手数料、サポートが手厚いかどうかも確認して運用する事が重要です。積極的に運用するタイプか、長期の間積立てたいタイプなのかも、証券会社をはじめとした金融機関選びに重要でしょう。