個人型確定拠出年金のメリットデメリット

税制面での優遇措置や制度面でのメリットが魅力

個人型確定拠出年金のメリットの大きなポイントは、税制面での優遇措置が受けられるところや様々な制度を利用できるところにあります。
例えば「毎月の掛け金は全額所得控除」なので、年金保険料としてて支払っている金額に税率をかけた金額が戻ってきます。しかも掛け金は一定金額の間で自由に設定できますし、「投資利益・運用益が非課税」で「年金の破綻リスクがない」というメリットもあるのです。
ほかにも「万が一自己破産してしまった場合にも財産が残る」という点が、確定拠出年金法第32条で定められています。このため個人年金と比較しても受けられる利益が大きいですし、リスクもそこまでないので初めての人でも運用しやすくなっているところが魅力です。

デメリットに注意が必要

メリットの大きさに目が行きがちな個人型確定拠出年金ですが、運用する場合にはデメリットにも注目する必要があります。
特に注意しなければいけないのが、個人型確定拠出年金はあくまでも「老後のための資産運用」として考えられている点です。これは優遇措置を受けられるメリットに繋がっているのですが、裏を返せば老後までは自由にすることができないということになります。実際に60歳までは引き出したり解約できないというリスクがありますし、毎月定額の手数料を支払わなければいけません。
しかもいざ年金を受け取ると所得扱いになってしまうので、場合によっては税金を支払わなければいけないのです。その理由は「退職所得」や「公的年金」として扱われるためだとされているので、利用する際には注意が必要となっています。